ブラックジャック

ブラックジャックはカジノゲームの定番。バカラやポーカーと並ぶ大人気カードゲームですよね。
ディーラーとの1vs1の勝負で、ルールはとてもシンプル。初心者でも安心してゲームに臨むことができます。
ここでは簡単にブラックジャックのルールについて説明しましょう。

基本のルール

ディーラーに配れたカードの合計が「21」を超えないように「21」に近づけるというのが、プレイヤーの目的です。
「21」を超えてしまったら即座にプレイヤーの負けが宣告されますが、「21」を超えずにディーラーの手札より「21」に近ければ、プレイヤーの勝ちです。
つまり「21」を超えるか超えないか。また、ディーラーに勝てるか勝てないかの駆け引きを楽しむゲームがブラックジャックなのです。

数字の数え方

  • Aは、「1点」もしくは「11点」と数えます。どちらで数えてもOK。また、ゲームの途中で変えてもかまいません。
  • 2〜9の数字の書かれたカードは、その「数字通り」に数えます。
  • 10と絵札(J、Q、K)はすべて「10点」と数えます。

ゲームの進め方

  • ディーラーがカードを2枚ずつ配ります。各プレイヤーは配られたカードの合計数を見て、もう1枚カードを引く(ヒット)か、これ以上カードを引かない(ステイ)か、ディーラーに伝えます。
    この時点で、ディーラーは1枚だけカードをプレイヤーに見せ、もう1枚を伏せています。
  • このとき、プレイヤーが最初に配られた2枚のカードの合計が21だったら「ブラックジャック」の役となり、1.5倍の配当でプレイヤーの勝ちとなります。
    ただし、ディーラーも同じ「ブラックジャック」だった場合は引き分けとなります。
  • プレイヤー全員がカードを引き終わった後、ディーラーの伏せている方のカードをめくります。
    ディーラーは合計カードが「17」を超えるまでカードを引き続けます。
    そのときにディーラーのカードの合計が「21」を超える(バースト)と、自動的にプレイヤーの勝ちとなります。
  • ディーラーがバーストしなかった場合、ディーラーよりカードの合計が「21」が近いプレイヤーが勝ちとなり、等倍配当をもらえます。
    またディーラーとプレイヤーが同点数だった場合は引き分け(プッシュ)となり、掛け金は戻されます。

特殊ルール

最初に配られた2枚のカードを見て、プレイヤーは掛け金を増額することができます。

【ダブル】
もともとの掛け金の同額まで上乗せして賭けることが出来ます。ただし、カードは1枚しか引けません。

 
【スプリット】
最初の2枚のカードが同数だった場合、同額の賭け金を追加することで、2手に分けて勝負することが出来ます。ただし”A”のスプリットのときは、追加カードは1枚のみとなります。
 

その他の特殊ルール

【インシュアランス】
ディーラーのアップカード(見せ札)が”A”のとき、ディーラーのブラックジャックに対して 保険をかけることが出来ます。保険金は掛け捨てで、元の賭け金の半額までを保険にあてられます。

 

【イーブンマネー】
プレイヤーがブラックジャックで、ディーラーのアップカードが”A”だった場合、ディーラーのブラックジャックを確認する前に配当を先にもらうことができます。ただし、この場合は1.5倍ではなく、1倍(イーブン)の配当になります。

 

【サレンダー】
降参することです。最初の2枚のカードが配られた時点で、賭け金の半額を放棄し、残りの半額だけを返してもらい勝負を降りることができます。

 

無料でブラックジャックを練習する

実際にプレイするのがルール習得への近道です。チェリーカジノのブラックジャックで遊んでみてください。

チェリーカジノTVでブラックジャック紹介中!

「ブラックジャック ハイローラー」